韓国SBS放送の『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(1)
韓国SBS放送の『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(2)〜(5)はこちらでどうぞ

2011年04月15日

宮村氏答弁書の要点と異常性

後藤徹氏が宮村峻・潟^ップらを相手取って提訴した拉致監禁訴訟を記録する「拉致監禁by宮村の裁判記録」ブログで、いよいよ宮村氏の答弁書が連載され始めた。答弁書の要点としては、まず第一に、以下の文面に見られるように、後藤氏陣営が主張する拉致監禁の事実について全否定している。

原告は、3項(3)エにおいて、被告宮村について、原告の滞在していた荻窪フラワーホーム804号室に来訪し、原告に対して、「非難、中傷、罵倒を原告に浴びせかけ」て、「棄教強要」をしたと、それ自体著しく事実に反する、抽象的な主張に終始するのみで、具体的な被告宮村の実行行為の内容及び損害との因果関係について、請求を根拠づける事実の主張及び法律上の主張はなく、主張自体失当である。

次に、この裁判について、宮村氏陣営は、以下の文面にあるように、統一教会の拉致監禁キャンペーンの一環と位置づけ、この目的のもとに提訴されたものとしている。続きをどうぞ
posted by 原田和彦 at 04:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 後藤徹氏裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

宮村氏・山口代理人サイドに偏向した「やや日刊カルト新聞」

拉致監禁被害者後藤徹氏が宮村峻潟^ップ社長や松永松永堡智・新津福音キリスト教会牧師、後藤氏の家族らを相手取って提訴した拉致監禁訴訟に関し、かなり歪曲されて報じられているものがあったので、本ブログにおいて是正しておきたい。「やや日刊カルト新聞」の「統一協会“反拉致監禁キャンペーン”後藤事件で第1回弁論」というタイトルの記事がそれである。本来本ブログは宮村氏及び高澤守・神戸真教会を研究するためのブログであり、他のブログ・メディア批判は範疇外であろうという批判をお持ちの読者もいるであろう。しかし、当該記事を読む限り、この記事が宮村被告・山口広代理人の立場を擁護するものであり、「新聞」という公正な視点から書くべき機関のイメージからは逸脱したものであるので、宮村派の見解を代弁するものと見なすことができると本ブログ代理人は判断した。よって、拉致監禁裁判に限定すれば宮村派代弁機関となっているこの「やや日刊カルト新聞」の論調を是正することもまた、本ブログのフォロー範囲に加えるものである。続きをどうぞ
posted by 原田和彦 at 05:35| Comment(19) | TrackBack(0) | 後藤徹氏裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 親子引き離しへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 新興宗教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。