韓国SBS放送の『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(1)
韓国SBS放送の『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(2)〜(5)はこちらでどうぞ

2010年10月01日

宮村氏の生活が垣間見えた拉致監禁マンション周遊

宮村氏の性格について─小出氏に聞く@
統一教会,統一協会,救出,相談,相談会,説明,説明会,脱会,説得,宮村峻,宮村
宮村氏の性格と考え方について、YAMAさんの連載でかなり詳しく直截的な表現で報告された。小出さんに、同じポイントをいくつかの点について聞いてみた。「宮村氏の性格について─小出氏に聞く」とのタイトルで連載する。その連載の冒頭ではあるが、宮村氏の生活を感じさせられるような体験をしたので、これについて2回に分けて報告する。
OGIKUBOFURAWAHOUMU.jpg
後藤徹さんが監禁された
荻窪フラワーホーム
9月26日、日曜日の午後、拉致監禁をなくす会のメンバーとともに、「宮村拉致監禁ツアー」を試みた。これまで、宮村氏のグループの拠点だったと判明しているところや、拉致監禁につかわれていたことが分かっているマンション、宮村氏らの研修会である水茎会が開かれていた場所などを巡ってみた。

「社寺巡礼」なんかだと気持ちが静まってよいものだが、さすがに拉致監禁関連の建物の巡礼となると、それほど明るい気持ちで回ることはできなかった。しかし、人に生活があるように、宮村氏が活動している区域を歩くと、宮村氏の生活が垣間見えてくるようだった。そこらあたりから宮村氏がパッと出てきてもおかしくないような雰囲気で町には生活感があった。

荻窪駅北口に、3時に集合した。そして、駅から一番近い場所にあるという理由から、最初に立ち寄ったのが荻窪フラワーホームという古びたマンションだった。私原田が知っている限りでは、そこは後藤徹さんと、私の元婚約者である大塚和江さんが拉致監禁された場所だった。本ブログの最初の連載である私の体験談にも書いてあるので重複はなるべく避けたいと思うが、駅の喫茶店で弁護士と待ち合わせた、その時の緊張感が蘇ってきた。

待ち合わせた北口から反対側の南口に移動し、そこから線路伝いの道を5分ほど歩いたところに荻窪フラワーホームがあった。後藤さんは8階に、大塚さんは7階に幽閉されていた。私とツアーに同行した人たちが、口々に、「7階までしか見えないけど、8階はあるのか?」とささやき合った。別の方角から見て、ようやく8階が見えた。ということは、後藤さんが監禁された8階は、拉致監禁には好都合な場所だったともいえるだろう。
この記事へのコメント
森山牧師はこちらによれば、1996年に亡くなりました。
http://www.eiko-church.com/annai/archives/000017.php
宮村氏が、栄光教会から追い出されたのは、おそらく1989年の事だと思います。
 私の体験談を読んでいただけたら分かりますが、1988年私が単身栄光教会の礼拝にもぐりこんだときは、森山牧師は説教をしていたのです。
 翌年私が監禁されたときには、すでに栄光教会との提携は解消し、水茎会の集会は、中野の聖書の友教会で行なわれていました。

 森山牧師が、1988年に脳出血で倒れてから、追い出されたのでしょう。追い出されたという表現が的確かどうかは分かりませんが、私が監禁されていたとき、元信者のお母さんから、追い出されたのよ〜ときかされていたので、まあそういうことなんでしょう。ちなみに女性問題とはいってませんでした。

 ちなみに私が、栄光教会に行ったのは、1988年10月ですが、そのときは森山牧師は、すでに脳出血で療養中のはずでした。7月に誠志会病院に入院、同年9月会津中央総合病院に転院、翌年6月誠志会病院に再度入院とあるので、10月に説教ができる状態だったのだろうかという疑問はあるのですが、私がいったときには、森山牧師と思われる人物が、説教をしていました。説教の内容は聖霊に満たされた・・・とは程遠いものでした。
 ひとしきり口汚い言葉で、統一教会員の悪口をおっしゃってまして、私は、キリスト教の牧師がこんなことをいうんだ〜ととてもびっくりしました。
 22年たった今、森山牧師が口汚くののしっていた統一教会員は誰なのかの見当がつきました。(まあ機会があったらお話したいです。)

 本間さんが出てきたのでいいますが、森山牧師は、実は後藤富五郎氏とかなり交流があったようです。精神病院に強制入院をさせて、脱会した信者に森山牧師を紹介したりしていたようです。後藤氏のうちも荻窪界隈だそうです。まあ、後藤氏は宮村氏が脱会説得活動を始めたころには、亡くなっていたので、後藤氏と宮村氏の直接の接点はないとは思いますけど・・・・。

 
Posted by YAMA at 2010年10月05日 22:52
YAMAさん
コメントありがとうございます。小出氏に聞くシリーズも今後各論に入っていきますので、そのときにはまたコメントいただければ幸いです。
Posted by 原田和彦 at 2010年10月06日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164287882

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 親子引き離しへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 新興宗教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。