韓国SBS放送の『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(1)
韓国SBS放送の『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(2)〜(5)はこちらでどうぞ

2010年09月18日

宮村氏の性格と思考─信者への偏見に満ち溢れた「リハビリ」という言葉

YAMAさんの体験談6
統一教会,統一協会,救出,相談,相談会,説明,説明会,脱会,説得,宮村峻,宮村
前回触れました、私が脱会宣言をさせられたときのことです。当初、偽装脱会などゆめゆめ考えられなかった私は、持久戦を見込んで、体力が勝負だ〜と思い、家族にリポビタンDを1箱用意するように要求しました。ですが、偽装脱会という方向転換をしてしまったため、リポビタンDを1本も飲むことは、ありませんでした。

宮村氏から脱会宣言をするように言われたときは、どうしても原理は間違いだったとか、統一教会をやめるとか、そういうことは言いたくなかったので、とっさの判断で笑いを取る作戦に出ました。私は、反対する父兄の前でこのように言いました。

「最初は持久戦になると思って、家族にリポビタンDを1箱買ってくるように要求しましたが、1本も飲まないうちに、こんなところにくる羽目になってしまいました〜」。会場は笑いに包まれました。私は、関西人の血が流れているせいか、なにかにつけ笑いを取ろうとする習性があり、その日ごろの習性が、うまく生かされました。

 さて、私はだんだん自由になってくると今度は一日も早く社会に出て働きたいと思うようになり、とりあえずは、杉並区のマンションを出られるように切望しました。そして念願叶って、12月の末に自宅に帰ることができ、身体的には自由になりました。

私はもう少し精神の休養をしたらという周囲の言葉に耳を貸さず、一月早々に仕事を見つけ派遣会社の仕事をするようになりました。脱会者には心のリハビリが必要だとよくいわれるのですが、私はこのリハビリという言葉にとても抵抗がありました。統一教会の信仰をもっているということが社会生活を困難にしているといわんばかりです。私は勤労青年として信仰生活をしていましたので、なおさらのことです。

ある人は自動車の教習場に通うことはリハビリには最適だといい、運転免許をもっていなかった私に教習場に通うことを勧めました。有馬牧師も時折教習場に通わないのかと私に聞いてきました。彼らがいうには、統一教会の信仰をもつと周りが見えなくなり、一方向だけしか見えない片寄った人間になってしまうので車の教習のように四方八方に気を配るような作業はリハビリにはもってこいだというのです。

私は車の免許はとりたいという気持ちはありましたがこのような統一教会員に対する偏見に満ちた言動を聞き、絶対に教習場に通うものかと思いました。大体、思想やものの考え方に関して、もっと広い視野を持つという作業と、左右を確認したり、前後をチェックしたりという安全確認の作業は全く別の事柄です。一つの信仰を持っている人が、安全確認の作業ができないというのは、まったくの偏見であり、いわれのない侮辱です。腹が立って仕方がありませんでした。

間もなく私は目的であったパスポートを自分の手元に取り返すことができましたが、両親が私の脱会を喜んでいる様子を見ると、すぐに教会に戻るということはできませんでした。それよりも牧師や元信者の人達と交流をもち不当な拉致・監禁による脱会を強要する行為について、一体どのように捉えているのかを聞いてみたいという思いもありましたし、お世話になっていた統一教会の先輩もいましたが私はそのような人達の力を借りず、自分の力で統一教会の正しさをなおいっそう、確信したいと思ったのです。
seioumanshon.jpg
宮村グループの本部が一時置かれていた杉並区のマンション


posted by 原田和彦 at 09:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 連載「YAMAさんの体験談」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
車の免許を取ることが、統一教会を辞めた後のリハビリとは、反対派も変わった見方をする物ですね。私の場合、車の免許取った後に統一教会へ入会いたしましたが、前後左右よく見たのに...これって見込み違い?
Posted by 小川 at 2010年09月19日 11:18
小川さん
ご無沙汰しております。本当にかわってます。ていうかへんです。失礼極まりない話です。
もうちゃぶ台ひっくり返したくなりましたよ〜
Posted by YAMA at 2010年09月19日 13:39
小川さん

確かに変わった見方ですね。統一教会がどうあろうと、そこに入っていた人は皆リハビリが必要だというのは、とてもおかしな発想です。拉致監禁推進派の知的レベルはこんなものなのでしょうか。

YAMAさん

腹が立ちますね。ものの考え方で前後左右を考えるというのと、肉眼で物理的な前後左右を見るというのでは、頭脳の使用部位も違うはずですね。そんなことで皮肉めいたことを言われるのは、確かに頭にきます。
Posted by 原田和彦 at 2010年09月19日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 親子引き離しへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 新興宗教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。