韓国SBS放送の『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(1)
韓国SBS放送の『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(2)〜(5)はこちらでどうぞ

2010年09月16日

宮村氏の性格と思考─脱会の踏み絵:加害者の側の立場で脱会説得同席

YAMAさんの体験談5
統一教会,統一協会,救出,相談,相談会,説明,説明会,脱会,説得,宮村峻,宮村
宮村氏も元信者も私の偽装脱会を一応信じたようです。私は10日目には家族や反対父兄らと共に、外に出ることができました。私はパスポートを取り戻すまでは逃げるつもりはありませんでしたので、なおさら信じてしまったのだと思います。
seishonotomokyoukai.jpg  間もなく私は監禁されている信者の所へ宮村氏と同席するように命じられました。これは脱会したての人に対しての教育的な意味も含めて行われることでした。この事は私にとっては苦痛なことでした。目の前に監禁されている教会員がいるのに助けることもできず、むしろ加害者の側に立って同席することは身を裂かれるように辛いことでした。

 私は徐々に外に出ることができるようになりましたが、一人きりになれたのは11月の初旬のことでした。しかし私は毛頭逃げるつもりがなかったのでますます、宮村氏らに信用されるようになったようです。

 そして随分自由になったのですが、相変わらずマンションに住まわせられましたし、会社に行くこともできませんでした。私は余りにも長期にわたり会社を休んでいましたので、やむなく退職届をかきました。私としては会社をやめたくなかったのですが、同僚達になにも言わず突然姿を消してしまった訳ですし、理由を聞かれても、その理由が答に窮するものでしたので、同僚達に会うのが辛いと思い、やむなくやめることを決意した訳です。もっとも、会社にいくよりもまずは聖書の勉強だというふうに宮村氏に言われましたので、事実上会社に復職することは無理だったと思います。

 一ケ月ぐらい経つと、新井薬師にある日本基督教団の聖書之友教会(写真)で行われていた水茎会の集会に顔を出すようになりました。そして反対父兄が多数参加しているその場で、スピーチをするように指示されました。宮村氏は勿論、脱会した経緯を私が父兄の前で語ることを通して父兄達が希望をもってくれることを期待していたのだと思いますが、私は、偽装とはいえ、統一教会を脱会したということがはばかられ、父兄たちを笑わして、いかにも原理の間違いがわかり、吹っ切れているようになりすまし、何とかその場をしのぎました。

 また、宮村氏の代わりに、新宿西教会(日本基督教団)の有馬歳弘牧師がアフターケアーと称し、聖書の勉強会を開くようになりました。その勉強会には「青春返せ」裁判原告のひとりである、Kさんも出席していました。


posted by 原田和彦 at 08:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 連載「YAMAさんの体験談」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偽装脱会して、反対父母の前で「統一教会の教えが間違っていることに気付いて、すっきりしました」とスピーチし、それを聞いた父母らは「そうかそうか」と納得して笑う…。
おかしな光景ですね。
人間が霊長類で、崇高な存在であることがよく分かる話だと思います。
いくら、宮村らが、監禁して身体の自由を奪い、活動の自由を奪い、自分たちの意のままにこき使っても、YAMAさんの心の奥深くにある世界は微動だにしなかった、ってことですよね。
人間は偉大ですね。宮村らは人の本質が分からないんですね。

Posted by 伏龍 at 2010年09月16日 08:28
伏龍さん

両親が子供の子供の脱会に笑うのは本当におかしな光景です。宮村氏らは親子の問題というけれども、親子の中に割って入って、子供の人格をぐちゃぐちゃにするというのも、とてもおかしな話。被害者の方たちの間では、そういう意味でも宮村氏らに対する恨みは深いようです。
Posted by 原田和彦 at 2010年09月17日 10:16
伏龍さん
コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、宮村氏は人の心の奥なんてわかりませんよ。シリーズの後半で宮村氏のいいかげんさはさらにあきらかになります。ご期待ください。
Posted by YAMA at 2010年09月19日 06:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 親子引き離しへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 事故・争いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 新興宗教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。